05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIZ ~TOKYO INSECT ZOO~

2010年 11月29日 14:28 (月)

タイトル TIZ ~TOKYO INSECT ZOO~
ジャンル アドベンチャー
発売元  ゼネラルエンタテイメント
発売日  1996/03/29
ハード  PS


・よくわかる用語解説


1:もうおなかいっぱいです

オープニングから画面いっぱいの水色を前にステレオで「たすけて」と囁かれる神演出が始まり、いやがおうにも実況のテンションは高まりを見せた。水色の空間をひたすらボールが飛びまわる神ムービーの神演出に見とれていると、なんと十分の時間を経過して「その画面が既にゲーム画面であった」と判明する嬉し恥ずかしサプライズが発生。その画面を抜けるためには、「空に空いた穴」に「ヘモグロビンやさなぎになる地球」を「バスケットボールにしてシュート」するというドキドキイベントが用意されており、リスナーからは「オープニングだけでもうおなかいっぱいです」という嬉しい悲鳴が上がった。


2:ボキャブラリーの貧困

主人公はある日突然カブトムシになった。怒涛のように続く流石の超展開を前に、そうした神シナリオ展開であるがゆえの不幸か、おいてきぼりをくらうリスナーや実況主があらわれてしまった。進めども進めども自体の全貌の欠片すらつかめてこない重厚なミステリーに、すでにおなかはいっぱい。しかしながらこのゲームが持つパワーの断片を感じ取ったリスナーによって「出るのが早すぎた怪作」との表現がなされると、生主も「このゲームをクソゲーと切り捨ててしまうのは、人類のボキャブラリーの貧困を嘆くべき事態だ」と呼応。実況では「僕はボキャブラリーがありません、クソゲー」という自虐大会が開催された。


3:6時間放送

実況は最終局面を迎え、主人公がカブトムシになり果てたところでタイムアップ。まだまだゲームとしてはオープニングの第一段階も終わっていないという事実に、リスナーからは「これだけではゲームの評価などしようがない(本来なら神ゲーである事は百も承知だが、このゲームは神以上である可能性もあるため)」との声が多数上がった。そこで生主はいずれは6時間ほど実況したいと大見栄を切ったが、よくよく考えればネタばれ禁止購入推奨のこの実況でできるわけもなく、永遠に善処していく体制に居直る事を堅く心に誓った。

カクテルハーモニー

2010年 11月29日 14:26 (月)

タイトル カクテルハーモニー
ジャンル カクテルシュミレーション
発売元  アストロール
発売日  1998/09/10
ハード  PS1

・よくわかる用語解説


1:現在ニコ生1薄気味悪い放送

多くの人気ゲーム実況あふれるニコニコ生放送において、「韋駄天いかせ男」とか「魔女っ子大作戦」とか書いてあるコミュニティの放送に初見さんが入ることはまずない。ましてや実況の度に生主に酒が入り、カクテルシュミレーションかと思いきや酒で女の子を口説くゲームで、オッサンがアヘアヘ言いながらカクテルのうんちくで女の子に説教を垂れている、そんな放送は正視に堪えうるわけがない。と思っておまけ枠にしたところ、予想外に人が集まり、深夜のおまけ枠はただの晒しあげ実況となり下がった。


2:志茂田影樹

酒とギャルゲーが揃いさらに醜く崩れる実況では、後の配信に尾を引く表現が多々見られた。ペロペロ等の聞くに堪えない擬音をはじめとして、アル中特有のしつこいお酒無駄知識披露、紫のコートを着た女性に対するしつこい「志茂田影樹」発言は、生主に「一回言っちゃったからまぁいいか」と配信に対する緊張度を失わせる結果となった。しかしそういったプレイ態度が逆に功を奏したか、「お酒を飲む人にとっては面白いゲーム」と、リスナーさんの評価もいつもより穏便に進み、順当に神ゲーという評価におさまった。

大奥記

2010年 11月29日 14:07 (月)

タイトル 大奥記
ジャンル アドベンチャー
発売元  グローバルAエンタテイメント
発売日  2008/06/05
ハード  PS2

・よくわかる用語解説


1:はんなりホバー

着物美人は肩を揺らさず歩く、そんな和服女性の艶やかな演出を分からない無粋な人たちの出現により、配信では「ホバーゲーと聞いて」とのコメントが多発。なんとか大奥記の面白さを分かってもらいたい生主とリスナーとのせめぎあいの結果、「はんなりホバーゲー」というどうしようもないラインでの妥協が成立した。ホバーが入っているなら満足なリスナーと、大奥による演出という要素が感じられるならよかった生主の優しさがあいまって、余計に開発会社様へ失礼なワードが誕生することとなった。


2:きいい、きさまらよってたかって

大奥記の神システムである「申し開きパート」が、大奥中を歩き回ってライバルの陰口を集め、ライバルの上司に告げ口をするヒューマンドラマだったことが判明すると、配信は大きな盛り上がりを見せた。陰口をひとつづつ出していく主人公に対し、その一つ一つにまったく同じ「きいい、きさまらよってたかって」というリアクションを見せるライバル。同じ陰口だからといって十把一絡げにすることのない主人公の仲間への思いやりに対し、容赦なく浴びせられる「ks演出」等の「分かっていない」コメントに、生主も「きいい、きさまらよってたかって」とリアリズムにあふれる返し文句を吐いた。


3:全然わからない

日本建築独特の迷いやすい構造と、大奥のマップの広大さに、配信途中から道に迷ってしまう生主。本来ゲーム実況は「名人様」が出没しやすい傾向にあるが、さすがは大奥記、「地図に現在表示もされないし、マップも全部屋同じグラの使いまわしで、どこがどこやらさっぱりわからない」とリスナーもお手上げ状態の難易度を誇った。ルーチンワークの積み重ねがよい仕事につながる事を再確認し、配信はMOTTAINAIの精神とエコロジーの繋がりに思いをはせる道徳的教訓を得て終了した。

ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日-

2010年 11月27日 02:49 (土)

ジャイアントロボ

タイトル ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日-
ジャンル 3D格闘アクション
発売元  D3パブリッシャー
発売日  2004/11/03
ハード  PS2



・世間的な信用ならない評価

PS2最悪と言われる原作軽視ゲーム。2004年度クソゲーオブザイヤーが四八(仮)以降の判断基準であれば、間違いなく優勝争いを繰り広げていたであろうと言われている。

登場ロボは全部で六体、キャラクターもそれにならって六人。おのずとボリュームが少なく、本来なら原作をなぞるはずのストーリーは、初見おいてきぼりのはしょり方となった。

ゲームとしては、主人公である大作の視点でロボが動かせる事が売りであったが、何が起きているのかわからない視点移動で、ロボ自体のアクションも少なく動きももっさりと、格闘ゲームとしては難しい出来。

版権の問題で主要人物である赤影がまっ黒な影の謎の人物という扱いのまま放置されたことも、原作ファンとしては許せない要素の一つであった。



・プレイして判明した圧倒的事実

売りである大作視点でのロボ操作は、「ジャイアントロボを自分の声で動かしたい!」ということを考えればファン垂涎の出来と言わざるを得ない。グラフィックも素晴らしく、巨大ロボの戦闘シュミレーションとしては圧倒的。

操縦者とロボの操作を別にして操縦者同士で戦えるシステムも搭載、結局のところロボの体力勝負だから基本的に無意味だということに目をつぶれば、原作を忠実に再現したシステムの搭載への感謝の心が瞼の裏に焼きつくだろう。

そうした原作再現による演出によって、ゲーム自体の視点移動などの利便性は失われた事は間違いないが、原作愛と考えればそれもまた一つの仕様。原作愛の前にはゲームのゲーム性等微々たるものでしかない。

また格闘ゲームとしてのもっさり感についても、そもそもロボなんだから指令にラグがあるのは仕方ないし、動きの遅さに至ってはそれが一つの駆け引きになっているし、キャラクターが六体なのは六が縁起がいい数字なので仕方がないだろう。

シナリオのはしょりっぷりや赤影の仕様じゃなくて演出、そもそも六体のキャラは最初は二体しか使えず、使うためには尋常じゃない作業ゲーが必要、等々の負の要素については、ゲームの面白さに心を奪われて気を失っていたので残念ながら検証できなかった。

イントロダクション

2010年 11月25日 16:57 (木)

<クソゲーコミュニティレギュラー放送について>

この配信アーカイブは、主に平日夜から深夜にかけて行われている、ニコニコ生放送クソゲーコミュニティのレギュラー放送の内容をまとめたものです。放送では、クソゲーコミュニティ管理人かつ生主である「模範的工作員同志」が、毎夜毎夜コレクションの中から数本のゲームの実況紹介をあなたにお届けしています。放送予定は、詳細な日程が分かり次第、コミュニティページのお知らせ欄に随時更新していきますので、是非お見逃し無く。

ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/
ニコニコ動画クソゲーコミュニティページ
http://com.nicovideo.jp/community/co142701


<コミュニティからのお知らせ>

・コミュニティで使える素材の募集

クソゲーコミュニティではコミュニティ用の画像、または放送で使える音源を随時募集しております。クソゲーコミュを利用する全員が使えるような、神仕様の自作の作品を心よりお待ちしております。


・コミュニティ放送権限について

また、このコミュニティでは、生放送を行ってくれる生主さんを募集しています。「クソゲーコミュにて生放送をしてみたい!」という方が有れば、是非コミュニティ掲示板へ生放送希望の旨をお知らせください。権限を解放いたします。



<配信を視聴する前に>

1 この放送の主たる目的は、世間的に評価が低く「クソゲー」と呼ばれてしまっているゲームが、「本当にクソゲーと呼ばれるのに値するのか?」を検証する事です。

2 配信終了5分前に、リスナーの皆さんにゲームの評価をお伺いする時間を設けています。

3 1、2の理由から、リスナーさんに先入観を与えないために、生主である工作員は配信するゲームの全てを神ゲーという体で実況します。

4 また検証の結果良いゲームだった場合に、皆さんが実際にゲームを購入してくれる事を願って、「発売から1~2年を経過していないゲーム」「Wii、360、ps3といった現行ハードのゲーム」の配信は原則行いません。

5 ゲームのネタバレを防ぐため、一つのゲームにつきだいたい30分から1時間程度の枠で実況を行っております。



<このブログについて>

ニコニコ生放送には、配信を見逃した場合の為に、タイムシフトという機能があります。

タイムシフトヘルプ
http://live.nicovideo.jp/s/timeshift
このアーカイブは、タイムシフトを利用できなかった人のために、気が向いたときに配信内容をまとめておくものです。配信を見逃してしまった人も、もしかしたらこのアーカイブで少しなら内容把握できるかも・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。